GYPSY TALE ~流浪する物語たち~

MMORPG「Master of Epic」、PCゲーム「The Elder Scrolls IV Oblivion」、「幻想神域 -Cross to Fate-」の世界を旅する放浪一家の日々を適当に書き連ねる日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

流れゆく凶時

「ウェアロガ」
 今回はカオス風、水、天に参加してきた。バングドールとカゲトとPT組んで、だ。PTを組んだといっても、これと言った連係等は一切なしだ。

暴走列車

 まず風の門─第1第2形態の時は攻撃に参加。第3形態は近づくと危険だから遠くで傍観しておく。

メタボリックボマー

 今回はやけに中央付近で暴れまわってるな…と遠巻きに見物して、ふと後ろを振り返ってみると体積が増えた自称忍者が立っていた。コメントに困る。

水球の内

 水の門─北の足場まで泳ぐ。アワビの握り寿司の効果で無事息切れせず到着。戦闘が始まる時間の間際だったので焦りを覚えた。

踊る水子

 戦闘が始まる。傷つき戻ってくる人に回復魔法を飛ばしつつWGKの様子を見る。…心なしか近い。それよりも気がかりなのはカゲトだ。やけに体力の増減が激しい。回復しようにも視認できる距離にはいない…しばらく様子を見ていると、予想通り逝った。FS内でそれをネタに散々弄り倒されるカゲトの様子が笑いを誘ったのは言うまでもないな。

天上の支配者

 最後の天の門─始終傍観、時々ヒール。
 こいつが攻撃する時に発する台詞をよく聞いてみると、あることに気づく。

 天地、分かれよ!
 大地よ、育て!
 天よ、回れ!
 命、生まれよ!

 この4つ。とある神の言葉を記した書物の最初の章に書かれた世界の成り立ちの流れによく似ている。
 その書物の中で神は、「1日目に光を生み昼と夜が出来た。2日目に天を創り、3日目には水が集まる場所である海を創り、それによって現れた乾いた土の部分つまり大地を、その上に植物を創る。4日目には空に太陽と月と星を創り、5日目に魚と鳥を創り、6日目に獣や人を創造して7日目に休息をとった」となっている。
 多少強引ではあるかもしれないが、これに準えているのではないかと推測する。

知らん

 さて、推測の域を出ない話は置いておき、LoCも倒れ、死に際にこのような台詞を残したが…誰も気に留めてはいないと思うのは俺だけだろうか? 

「フーア」
 久しぶりに釣りでもしようとやってきたのはミーリム海岸にある孤島その1。

ビギナーラック

 今日はツイてるのかなかなかに良いものが釣れたよ。まずマグロ釣って~そんでもってキングシャーク。見るものを恐れさせる凶暴そうな風貌をしているな。

小さな宝

 でもってボロボロな宝箱!中身は宝石3種類だけだったけど、まだまだ未熟な釣りスキルでよく釣れたもんだと我ながら驚きだわ

| MoE:日記 | 21:27 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

No title

先生、今度カオスに連れてってくださいw
ウー欲しいですw

| 某海戦士 | 2008/11/11 07:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gypsyspell.blog46.fc2.com/tb.php/234-e5a76c59

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。