GYPSY TALE ~流浪する物語たち~

MMORPG「Master of Epic」、PCゲーム「The Elder Scrolls IV Oblivion」、「幻想神域 -Cross to Fate-」の世界を旅する放浪一家の日々を適当に書き連ねる日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

独特な世界観

『天の声』
 どうも、MoE内でジプシー一家を動かしてるいわゆる中の人です。ちらっとキャラの構成やイメージ(?)について話が出てきて、あまりの独特すぎる世界観に分からんと一蹴されたのでこっちで語りたく。
 どうでもいいという人はどうぞスルーしてください。この先は思いっ切り妄想炸裂した理論が展開しています。




【ファリオン】
 ファーストキャラにしてReiのマスターに居座ってます。元々ダイアロスに流れ着く前から魔法使いやると堅く決めて、本当に魔法使い一辺倒で成り上がりました。一時賢者もやってましたけど。破壊魔法は別に要らないかなと思ってバッサリ削除で、戦闘は召喚で代理戦闘させつつ支援に徹するキャラに。あとはただ魔法使うだけだと面白くないからと裁縫も取ってた時期もあったり。
 今は"魔法屋"を自称しつつ、あちこちで魔法ばら撒き中。普通、小説やらゲームに出てくる魔法屋は魔法(買った魔法を覚えれる)を売買する職業だったりするんだけど、自分のは魔法のサービスを並べてます。リザとかコープスミーティングとかアルターね。魔法「屋」なのに基本的に金取らないのは魔法使うのがもはや趣味だからです。ま、くれると言うなら断りませんがね(ぁ
 天の声の人の性格がもっともにじみ出てると、思う。

【ミコル】
 最初は別にコレといった目標とかがあったわけじゃなく、単に周りのフレンドの間でモニコが流行ってたから登場させたという微妙な経歴の子。興味本位で軍属してたことも合ったけれど、速攻で自分には無理と悟り、亡命。元はドルイドで→周りに感化されて調教を取り→エリアチェリッシングを入手した為ドルイドブリーダーへ→ドルイド無くてもいいかな→で今ブリーダー。
 調教を取ったのは、ぺちまーの影響と街を闊歩する多種のペットへの興味とドミニオンの存在が私の脳内でミックスして、調教を取れと迫ったため。特にドミニオンがしたいがためにがんばって調教を上げて、尚且つペット集めに奔走しまくったという我ながらとんでもない行動理論です。
 性格はちょっぴり女王様が入ってる、元気な女の子。なんとなく空色をイメージカラーにしているため、空色の髪とハイキャスターローブはデフォルト。

【ムーサ】
 元々は複製をさせようと思って登場させた子。複製は書いたり削ったりなので、ペンと紙を標章物にしている詩歌の女神の名前を与えたけれど、材料費のあまりのひどさに見事にこけて…orz
 で、何故採掘に走ったかというと、ミスリル掘って小銭稼ぎしてみようかななんて思ったからです。鍛冶はインゴットできりゃいいや程度のつもりでした。でも採取系は初めてだったのでFSメンバーのか○けーに少し指導してもらっったです。初期の頃はあまり装備に気を使ってなかったため、Warの地上墓地でミスリル求めてボサの黒髪に浴衣で徘徊してる様を(リアルの)家族に見られ、「何?この幽霊」といわれました。
 今はクリエイターとしてやってるけど、基本的にチェルノボグやグリッグの生産材料の調達用。武器は初期のものを数点作った程度で、受注受ける気は皆無なのでヨロシク。ただ珍しい武器はちょっと作ってみたいかなと(自己満足的な意味で)
※ムーサに限らず、全ての生産キャラは主に自分用に物を作るので、受注はあまり受け付けません。ただし、フレンドの生産依頼やおせっかい焼きはやりますが…

【グリッグ】
 元・初の前衛キャラ…を作ろうとして見事にコケた子。素手を取ってがんばってみてもしっくり来ず、生産にしようかと特に意味もなく取った収穫にハマってます。あくまでメインが収穫で、料理や醸造、調合が全くのサブと言う多分普通とは逆な構成論。ハマりにハマった収穫で集めすぎた素材を捌くために料理や醸造で食べ物をこさえ、調合で染色液をつくって服を染めてと言う感じ。そこへさらに防衛用の調教や釣りなんかも入り、完全な生産っ子のできあがり!
 因みに、この子から天の声の人のモニオコンがスタートしたという裏話もあったりなかったり…
 性格はキャラの名前が陽気と言う意味なので陽気な感じ。言葉遣いで個性を出してみる。


【チェルノボグ】
 ある意味、初期からの構想どおりに成長してる邪神。まごろくのコスプレイヤーを見て、やりたくなって登場し、片っ端からシップ装備狩り→コスプレイヤーへと突き進む。シップ装備狩りの半ばとコスプレイヤーなったすぐ後の2度、気力が無くなりかけるも、めげずに来れた稀有な存在。
 作る時期が若干悪く、途中でバハ産の装備がPreに降りてきたため、ムーサで取りに行かせてたMINを取り損ねる。しかもその時点でスキルが上がりすぎて、邪神自ら取るのは不可能状態だったという…(くそぅ
 細工はジュエルマスターと言う称号が気に入ったと言う理由で90越えさせ(理由について語ると、アンタおかしいと断言されたのは言う間でもないよね)、現在は宝石細工に夢中。裁縫の方は、元々ファリオンが持ってたのをこっちに役割を移し、こっちも現在スキル上げ中。
 性格はキャラ中で一番はっきりと毒舌を吐くドSキャラで名前どおりどす黒く、RP的にもっとも気に入ってる子。
 コスプレイヤーと関係の無い音楽やダンスのスキルは、名前のネタとなったチェルノボグの伝承と掛けて選んだスキル。(音楽はタイタンでの素材集めの意味も)

【ウェアロガ】
 元はイビルナイトを狙うも、死体回収で挫折。魔法系はファリオンの頃から慣れているのでさくさくっと伸びるのでメイジキャラに転向させるに至る。攻撃手段を召喚と破壊に絞り、6系統ある魔法のうちで破壊魔法だけきちんと上げたことがないなと思い至り、折角なので覚えさせてみた。危険な魔法を使うという設定を持たせているので敵に害意を与える系の魔法を多用して、回復魔法はピンチのとき以外使わないという所謂「どんどん行こうぜ」状態という縛り(?)あり。性格は影のあるそっけない口調の流れ魔法使い。イメージカラーは黒。

【マカーブル】
 調教ネクロ(死の意味を持つ名前をつけたのはそれ故)を作ろうとして何故かドルイドへの門徒を叩いた子。魔法キャラなのに基本的に使えるのは回復魔法のみ、ソロだとゾンビ以外の相手はまともに狩れない難儀な構成で、少々癖があり扱いが難しい。
 最初から魔女をイメージしているので、容姿もそれに近い感じになるようにしている。性格は感動の薄いタイプ。

【マリード】
 初の魔法とは無縁のキャラ。Preで罠牙キックと言う傍から聞くと"ちょっと待て"と言われる構成。それでも未練がましく魔法とは無縁のはずなのにちょっぴり魔法使いっぽいキャラにしてたり…スキルごとに説明するとキックは天の声の人の趣味なので別として、
罠  =不思議な道具を使って戦っている。植物使いっぽい
調合=特殊な薬を作る。錬金術師っぽい(錬金術でぐぐるヨロシ
牙  =魔物の特殊な技(能力)を使う。人外RP可能
と言う具合。暗黒命令とかも良いんだけど、構成的に必要でもないんでカット。
実は天の声の人はリアルで眼鏡掛けていて、ゲームのキャラくらい裸眼でいさせたいと思ってたんですけど、モニオにでか丸眼鏡は意外可愛かったので着けさせてみました。素手持ってないのにブラックの手袋をつけてるのは人外RPの一環です。(武器は特定の攻撃喰らわなきゃ壊れないから安心して着けれるw)

【フーア】
 釣りをメインにさせるべく登場させた子。海戦士にしたいとは思っているけれど、別段海戦士シップが必要と言うわけではなかったり。洋風な名前とは裏腹に和装やそれに近い装いをさせて、太公望をイメージしている。

【Rumor】
 構成は抜きにして、詩人キャラ。どう成長していくかは後のお楽しみ。

【ヴァラク】
 サモンストロングゾンビのためだけにネクロマンサーを目指し登場した子。ネクロマンサーと言うと邪悪なイメージのある職業っぽいけれど、実際はそうでもなかったりする…というわけでそういう善悪の概念を取っ払ったキャラ。けれどもそれだと面白くないので、ネクロマンシー→死者に囲まれている→死の概念が薄い→ゆえに善悪の概念も薄いという色付けに。

【ヘリワード】
 魔法戦士として育成してる子。魔法戦士タイプのシップはテンプルナイト、イビルナイト、神秘サムライが有名だけど、それだと面白くないので神秘弓士。弓使いの予定だからそれっぽい名前をつけてみた。本当はロ○ンが良かったんだけどね~すでに居やがったw

| MoE:みんなの雑記 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gypsyspell.blog46.fc2.com/tb.php/366-410a05d3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。