GYPSY TALE ~流浪する物語たち~

MMORPG「Master of Epic」、PCゲーム「The Elder Scrolls IV Oblivion」、「幻想神域 -Cross to Fate-」の世界を旅する放浪一家の日々を適当に書き連ねる日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

太陽に隠れて…

「マカーブル」
 本日は所属しているギルド、アルケィナの仕事をしてみることにしました。
 内容は簡単にまとめると、スライミーオイルというものを集めて来いというもの。なんでもフレッサが鍛冶ギルドのグロム・スミスにいる友人からの依頼だとか…一つだけ突っ込みを入れさせてください。何でビスクの貴方がエルガディンの人と仲良いんですか?
 答えてくれないフレッサを後にアルビーズの森へ。クエストの説明にはエイシス前と書いてありますが、あそこより森のほうが一箇所にいるナメクジの数が少なく相手しやすいのです。村を抜けて森に入り、ナメクジが湧いている川のほうへと走りますと、森に住む妖精スプリガンを発見。丁度良いので2匹ほど捕まえて即席の戦力に加えます。おならをしたり、尻を掻いたりと下品な種族ですがそれなりに使えますし、この際我慢しましょう─どうせ短い付き合いですし。
 しばらくナメクジにスプリガンたちを嗾けてアイテムを集めます。人気もなく鬱蒼とした森で黙々と狩りをしてますと少々眠くなったり…。持てる限りの量のスライミーオイルが集まり、フレッサへ届けるため森を後にします。そこで臭いスプリガンともお別れです。そしてアルケィナへ着くとこれでもかとフレッサにオイルを投げつけてあげました。ここだけの話、ギルドマスター代理のフレッサはあまり好きではありません。本来のギルドマスターであるルーチェという方はまともらしいのでその方に早く帰ってきて欲しいです。

「ファリオン」
 FSメンバーであるフィロリーナのところのデスナイトが専用装備をもらうクエストをするとのことなのでマカーブルから急遽バトンタッチ。
 地下墓地から外へ出たところで合流し、目的の亡霊がいる廃墟へ。自分は骨から友好を得ているので問題なく墓地を歩けるが、肝心のクエストを受けるデスナイトのゲドユダヤは骨やグレイブンどもに多少絡まれていたので、目的地につくとインヴィジをかけてやる。すでに現れていた亡霊をゲドやんがぼこぼこに。どうやら弱いらしい。倒すものも倒したし暗使へと向かい報告を済ませる。
イビルナイト装備

 見た目↑な感じ。マブ装備とまったく同じ見た目にゲドやんは落ち込んだ様子。気持ちは分からなくもないが、現実はこんなものということで諦めましょう。ちなみにゲオユダヤをReiに拉致っときました。よろしく。

「チェルノボグ」
 エルアンの指輪は壊れたということで俺の出番だぜ!魔法使いにはありがたい代物であったあの装備が使えなくなったということらしい。うちでもあれを使ってた連中もショックを受けていた。とりあえず代替品となるアクセサリーを作ってやることにする。エルアンの指輪を使っていたのは俺らの一家では4人いるが面倒なので今回は二人分だけ作ることにするか。
 材料を放り込んでる箱を漁りながら、ついでにおしゃれ用のやつもつけておくかと宝石も少し取り出す。材料表と見比べて、必要なものを取り出すのに時間を食っちまったし、急いで墓地のアクセフロアへ。普段なら急ぐ必要もないが、ゲオやんを待たせてるからちんたら歩いてるわけにもいかん。ヤスリを必要数買い、手早く指輪とイヤリングを加工する。ゲオ達の分もという要望だったのでそれも渡して、ついでにうちの一家の連中への宅配も頼み、マカーブル、ファリオンへゴールドアクセとジュエルアクセを少々、そしてマリードへ以前に作っておいたジュエルを届けてもらい業務終了。

「ファリオン」
 本日2度目の出番ということでバトンタッチ。FSメンバーのミアンのクエストを手伝う。内容はニカワ集め。…なつかしいねぇ、自分も暗使だったころに良くやったよ。召喚用のアイボール拾うついでにさw そういうわけで地下墓地第2階層にいるゾンビネズミへとゲドも手伝って3人別々の場所でネズミ駆除開始。自分は基本召喚獣任せで適当に殺鼠剤─もとい死魔毒を手当たり次第に散布。コロッと昇天してくれるネズミ達。なんだかんだで40そこそこ集まったので他の二人と合流して暗使へと戻る。自分が一番多く取れてたようだ…昔取った杵柄というやつだろうか。
 ミアンがギルドマスターのおか…ではなくエクアにニカワを数回投げつけるとランクアップクエが発生とのこと。このランクアップクエ、クエスト受けようと話しかけるたびに出るので鬱陶しい。後でと言ってるんだから、クエスト一覧の下のほうに小さく加えといてくれればいいのに…。とそういう愚痴は飲み込んどいて、ランクアップクエも手伝うことに。内容は度胸試しに最下層まで行ってマミーの呪いをもらって第3階層にいるおっさんに報告するというめんどくさいもの。とりあえずまたまた3人で地下への階段を下りる。マミーは偉そうに台座に突っ立っており、周りをデスナイトが囲んでいるため、デスナイトの友好がないミアンがうかつに近寄るとお呼びでもないのにデスナイトどもが寄ってくるので、友好がある自分がおとりとしてマミーをおびき寄せる。相変わらず汚い面をしてる。さっさとミアンに呪いをかけてもらうと、マミーをその場にほったらかして報告するために上への階段を3段飛ばしで駆け上がる。振り替えて見るとマミーは何がなんだか分からず困り果てているようだった…哀れ。途中ミアンが第3階層のおっさんを素通りしてギルド前まで戻ってしまったことを除いては、問題なくクエスト終了しましたメデタシメデタシ。
 追記 破壊切ってアルケミストやめました。以上

| MoE:日記 | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gypsyspell.blog46.fc2.com/tb.php/6-e7feb81a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。