GYPSY TALE ~流浪する物語たち~

MMORPG「Master of Epic」、PCゲーム「The Elder Scrolls IV Oblivion」、「幻想神域 -Cross to Fate-」の世界を旅する放浪一家の日々を適当に書き連ねる日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

帝都日和

「ファリオン」
 今日は冒険お休みして、エル君とデート。

帝都で遊ぼう

 ─のついでに今まで手に入れた戦利品の処分も兼ねる。


エル君もおしゃれしよう

 先ずはエル君の格好をどうにかしないとな。いつものローブもいいけど、おしゃれな服も用意してやろう。ちょっと派手すぎるかね?

アリーナ

 服屋であれこれコーディネイト堪能したら、次は此処。血なまぐさい娯楽施設、その名もアリーナ!

ブルーにきめた

 出場することもできるが、今回は賭けごとを楽しみにやってきたのだよ。賭けるはブルーチームだ。賭け金最大の100G勝負で行こう。エル君はどっちに賭けるんだ?

『・・・遠慮しときます』

いけ!そこだ!

 ほら行けブルー!もっと踏み込め!

チネコノヤロウ

ブルー 『おめぇらイエロー生意気なんだよ!』
イエロー『うっさい!ドタマかち割ってくれる!』
ブルー 『てめぇは隅っこでカレーでも食ってれ!』
イエロー『クールなブルーなんて時代遅れなんだよチネチネ!』

 剣だけでなく口でも戦う剣闘士たち。いろいろ大変なんだなぁ…。

勝った

 壮絶な口論の末、ブルーチームの選手がイエローを粉砕!(ぇ

配当金

 賭けも勝ったし、賞金貰って行こうかね。

城見学

 アリーナで楽しんだ後はお城見学しにいったけど、別段見所のあるものはなかったな…。城って言う割に縦に長いだけの塔だろこれ。

野良オーガ

 続けて庭園地区に行くと野良オーガが隅っこの方をウロウロしていたのを発見。オーガは食人種だけど、こいつは襲ってはこない。不法投棄されたペットか…最後まで面倒みやがれ飼い主!

芝生の上で

エル 『此処、遊んだりするのには向いてないね』
ファリ『できても精々かくれんぼ位だろ』
エル 『っていうか殆どの子供は普通に街中走り回ってたね』
ファリ『子供の遊び場にすらなれない庭園乙w』
エル 『じゃあここって何するとこ?』
ファリ『知らね』

立ち読み上等

 その後はいろんな店回って面白そうな物を買ったり、単純に冷やかしに行ったり。

本日のお宿

 日も暮れてきたけど、今日はこの宿にお泊まりだ。噂でこの宿では面白い趣向のサービスをしているとか。

執事喫茶

 広くはないけど、立派な椅子が置いてあるな。

執事

 なるほど。今はやりの執事メイド喫茶ってやつですか。(老け顔も気になるが、攻めて服装くらい執事らしくしてください)

飲み比べ

 サービスが執事でも王様っぽくない客。いやぁ、酒うまいねぇ。エル君もなかなかの飲みっぷりだ。

好事家

 そうそう、執事喫茶の店主がとある好事家の話を教えてくれた。曰く、Umbacanoっていうおっさんが古代Ayleidの品を集めているらしい。そう言えばAyleidの遺跡で変わった置物拾ったっけ…あれの事か?あれって別に変った魔力宿してるとかってわけでもないし、売り払ってもいいかもしれんね。

| OBLIVION:日記 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gypsyspell.blog46.fc2.com/tb.php/661-d23fdbf2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。