GYPSY TALE ~流浪する物語たち~

MMORPG「Master of Epic」、PCゲーム「The Elder Scrolls IV Oblivion」、「幻想神域 -Cross to Fate-」の世界を旅する放浪一家の日々を適当に書き連ねる日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オークの出迎え

「ファリオン」
 遺跡から近い街、Chorrolに向けて移動中。

コロールへ

 この街道は利用者が少ないとはいえ、猛獣の類が居すぎだ。熊は平気でポンポン出て来て面倒なんで、獲物を待ち構えていた野盗に擦り付けたりしてみたり。


ツタの捕縛

 荒ぶるミノタウロスも手強いのなんの。蔦で捕縛してみてもあっさり破られてるし…。

着いた

 モンスターの駆除しながら進んでいたもんだから、街に着いたころにはとっぷり日が暮れてたよ。この街にRumorの家があるけど、顔見せに行くのは明日にしようかね。

猫のお宿

 本日のお宿はこちら、オーク・アンド・クロージャー亭。広い酒場付きで中々清潔だ。ひと晩此処のベッドでぐっすり眠って─

一晩お休み

 翌朝。

ファリ『今日は寄りたい処あるから、もう一泊ここに宿泊するよ。』

エル 『お仕事の用事?』

ファリ『いんや、此処に同郷の奴が住んでてね。ちょっと顔見せに行こうと思ってな。』

Rumorの家へ

 目的の家はオーク大木広場の魔術師ギルド隣の邸宅。長い事会ってなかったけど、元気してるかねぇ?

ファリ『頼もー』

「Rumor」
 どうも~Rumorですコンニチワ。

読書ちう

 見ての通り、現在読書ちうです。とりあえず集めるだけで特に興味は無かったんだけど、戦術系の参考になる本が読んでみたら意外と面白くて読みふけってます。特に格闘スキルの指南書"ゾアレイム師匠伝"には感銘を受けざるを得ないね!基本を忘れず、常に謙虚な姿勢を保てというこの本の教訓は、どのクラスにも当てはまると思うな。

呼んできます

トルメンタ『失礼。ルーさんに来客ですよ。』

ルーマー 『え~?どちらさま??』

トルメンタ『ファリオンと言う方だそうで』

はぃはぃ

ルー 『ホント?OK~すぐ行く。』

| OBLIVION:日記 | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gypsyspell.blog46.fc2.com/tb.php/688-46ba451e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。