GYPSY TALE ~流浪する物語たち~

MMORPG「Master of Epic」、PCゲーム「The Elder Scrolls IV Oblivion」、「幻想神域 -Cross to Fate-」の世界を旅する放浪一家の日々を適当に書き連ねる日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

指輪と拷問部屋

「Rumor」
 (たぶん)チェルノボグを追いかけてガードたちが出払った隙に、城の人たちの居住区へ侵入することに成功したよ。

暗い場内

 前に別のお城の居住区に入る機会があったけど、そこと比べるとこのお城は全体的に暗いなぁ。照明にかかる費用ケチってるのかな?



部屋見っけ

 伯爵たちの部屋は…あったあった。偉い人の部屋は大体真ん中辺りの奥の方と古来から相場が決まってるよね。

執務室

 殺風景な執務室っぽい部屋。パッと見だととりあえず無駄に開けたスペースって感じだなぁ。

私室

 その奥は伯爵たちの私室だ。一通り探してみたけど目的の指輪はないなぁ。夫人が身につけてたりするのかな?
 指輪は見つからなかったけど、探してる途中で"戦士"ってタイトルのレアっぽい本が1冊と宝物庫ってタグ付きのカギを1つ発見!これらも後でついでに持っていこっと。

他の部屋も物色

 他の部屋はどうかな~…執務室入って左手側にあったドアの方も見てみよう。

抜け道

 下に続く階段…?

隠し通路も発見

 どうやら隠し通路的なもののようだ。物置のようにカモフラージュしてるけど、伯爵の部屋から続く先に物置があるのは不自然だと思うなぁ。何はともあれ、これで脱出経路は大丈夫、かな。

伯爵

 ボクが隠し通路見つけてる間に、上では伯爵さんが部屋に戻ってきたようだね。見つからないように気をつけないと。

夫人

 あ、夫人の方も帰ってきた。…なんか怒ってるみたいだなぁ、旦那さんに向かってなんか言ってる…何々?

夫人 『あの賊を何としても捕まえるのよ!人前で私に恥をかかせたんだから、あの者も爬虫類どもと同様、拷問にかけてくれるわ!』

伯爵 『そうだな、領主を侮辱すればどうなるか思い知らせてやらねばな。ところでその賊はどのような者だったのだ?』

夫人 『モコイ、と名乗っていたそうよ。容姿は…そうね、黒い髪に肌の白い男だったという事くらいしか覚えていないわ。あぁもう何でもっとちゃんと覚えておかなかったのかしら!何故か分らないけれど、思い出そうとしても男の顔に靄がかかったかのような気がして思い出せないのよ。』

伯爵 『それは困ったな…それだと賊は捕まえられんかもしれんぞ。』



……

 チェルが一体何したのか知らないけど、なんだか相当頭にクることをされたようだ。そんなことより、伯爵夫人が獣人を拷問してるっていう噂は、本当だったっていう怖い事実が判明しちゃったなぁ。絶対捕まるわけにはいかなくなったよ。

指輪フキフキ

夫人 『全く…あの賊ったらなんて破廉恥な魔法使いでしょう。身に着けていたものは消え去って何処にもないし…あの指輪はたまたま外していたから良かったものの…折角取り戻したのに、危くまた無くしてしまうところだったわ。私の大事な指輪…明日にでも磨かなくてはね。』

就寝

 1時間後─ようやく夫婦揃って寝てくれたようです。

貰ってくね

 問題の指輪は~…さすがに寝てる時まで着けてないかぁ。となるとこっちの宝石箱の方は─よし!ビンゴ~なんか訳分かんない文字の羅列が書かれた紙と一緒に収められてたよ。んじゃこの指輪とついでに謎の紙に、目を着けてた本と鍵も合わせて貰って行くね♪

脱出

 隠し通路を通って脱出しよっ!

通路の先は

 隠してるだけあって滅多に使ってないんだろうね~蜘蛛の巣だらけで汚いな。

拷問部屋でした

 と思って進んでたら、なんか物騒な部屋に出ちゃった…。あ、こちら拷問室でしたか。まさかの伯爵の私室から直通だったんですネ(ガクガクブルブル)

こんなとこは

 こんな怖い場所は─

おさらばじゃー

 さっさと退散するに限る!

| OBLIVION:日記 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gypsyspell.blog46.fc2.com/tb.php/887-ce93f5a8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。